乃木坂46のメンバー一覧からみる年齢構成の特徴を考えてみた

乃木坂46メンバの特徴やコンセプトは?



乃木坂46は、2011年に誕生した秋元康プロデュースのアイドルグループです。

同じく秋元康が手がけたアイドルグループAKB48とは異なるコンセプトのアイドルを作ろうとして、
乃木坂46はAKB48とは差別化されています。

AKB48は、元々秋葉原の地下アイドルから始まり、身近に会えるアイドル、握手会などを売りにしています。

メンバー数も多く、キャラクターも様々であるので自分の好きなアイドルを見つけてファンになることを
楽しめるグループになっています。

後発の乃木坂46は、AKB48のように身近に会えるアイドルという点では同じですが、
グループのイメージを「学生」、「清楚」というテーマに統一しています。

つまりAKB48が個々の個性で成り立っているのに比べ、乃木坂46はグループ全体の印象が決まっています。

そのため乃木坂46は、ライブ衣装で学生服を使用しますし、PVで学校を舞台にすることが多いです。

そんな乃木坂46は、AKB48以上に人気のグループになり、今後の活躍が期待できそうですが、
メンバーの構成をみるとAKB48との違いがよくわかります。

スポンサーリンク





乃木坂46とAKB48の年齢別にみたメンバー構成


※2018年現在


乃木坂46とAKB48のメンバーを年齢別に人数を比較すると、
全体的な年齢の幅は10代前半から20代後半で同程度だとわかります。

しかし多い年代を比べると、AKB48が10代後半、乃木坂が20代前半でAKB48のほうが
若い年齢層が多いことがわかります。

これはAKB48にはチームが多く、さらに今後の主力になることを期待される若手チーム(研究生等)も
あるためです。

若い年齢層を積極的に入れる点では、モーニング娘と似たような感じですかね。

また乃木坂46のほうが年齢が中央値に集中していますが、AKB48は若い年齢層が多くなる傾向がみられます。

つまりAKB48は若くて実力のあるアイドルが加入しやすく、メンバーの入れ替わりが激しいとも考えられます。

逆に乃木坂46はメンバーの入れ替わりが少なくても、長く人気を維持できるメンバーなのかもしれませんね。


乃木坂46の今後について



最近の乃木坂46は、当初「学生」、「清楚」というイメージにこだわっていましたが、
それだけだと新鮮味が薄くなるためイメージチェンジも取り入れてるみたいです。

また、AKB48と兼任するメンバーもおり、ファンの間では「ライバルであるAKB48と兼任していいのか?」
という物議を醸すことにもなっています。

イメチェンも良いかと思いますが、乃木坂のコンセプトに惹かれてファンになった人たちを
見捨てるようなことをしないほうが懸命かと思います。

あまりにも変えてAKB48との違いがなくなるとファンを取り合うだけで、
新規のファンを獲得しづらくなるでしょう。

乃木坂46が今後どんな活躍をしてくれるのか注目したいですね。

関連記事
→ 乃木坂46のメンバーでは1期生がもっとも人気?
→ 乃木坂46のメンバーカラー最新!ライブにはサイリウムの準備を!
→ 乃木坂46の人気順は生駒がもっともセンターを獲得している?
→ 乃木坂46のライブチケットの取り方を事前に知っておいたほうがいい理由
→ 乃木坂46の西野七瀬が卒業について言及?毎年卒業している?
→ 乃木坂46の西野七瀬と日村が共演するCMで着るのは黄色のワンピース